新品パソコン中古パソコン・ノートパソコン・モニター販売

デスクトップを買い替える前に! 出力端子の種類

出力端子の種類

デスクトップパソコンをそろそろ買い換えたい。

でも、モニターはまだ使えるからパソコンだけ買い換えて・・・

こんな時、確認していただきたい部分があります。

新しいパソコンは、手持ちのモニターに『接続が出来るのか』です。

パソコンからモニターへの出力端子は複数ございますので、

今回はそちらをご紹介をしたいと思います。



VGA端子

『アナログRGB端子』『D-sub』等とも呼ばれます。

15本のPINにて接続し、ケーブル両端のネジにてしっかりと固定ができます。


こちらは映像出力のみの端子ですので、音声は出力できません。


★似た形状でPINが9本の物もございますが、そちらは『シリアルポート』と呼ばれています。  PCと周辺機器、あるいはPC同士を接続するシリアル通信用コネクタの一種です。




DVI端子

DVI端子は複数種類があり、PINの本数は種類によって 変わります(右写真はDVI-D端子)

VGAより少し大きめの24本程度のPINと平たいPINにて接続する端子です。


こちらの端子もケーブル両端のネジでしっかりと固定をするタイプとなります。

映像出力専用の端子ですので、音声は出力できません。

HDMI端子

映像、音声の両方出力できる端子です。

テレビなどにもついている場合がございますので、見る機会が多い端子かと思います。

HDMI端子の中でもバージョンが複数ありますが、基本的には映像、音声を1本で接続できるとの把握でよろしいかと思います。(詳しく記載するとかなり長くなります・・)

また、端子の形状も3種類あります。(右写真はAタイプのHDMI端子)

DP(ディスプレイポート)端子

DP端子は端子の中では一番新しい(新しいといっても 2006年に正式承認 )端子かと思います。(ちなみにHDMI端子は2002年に仕様が定められました )

映像、音声両方を出力できる端子です。

★HDMI端子と間違えやすい為、ご注意を!




HDMIとDPってどちらがいいの?

HDMI、DP、両方ともケーブル1本で音声、映像が出力できる便利な端子です。

ではどちらが良いかと問われると・・ケースバイケースになるかと思います。

DPの方が大容量データを高速に転送できますので、映像を滑らかに映すことはできますが、稀に音声が伝送できない機器や、 モニターの電源を切るとPCとの接続が失われることがあり、ウィンドウの配置がリセットされることがあるようです。

HDMIは様々なゲーム機やテレビでも対応ができますが、接続時にロック等が無いので抜けやすいケーブルとなるかと思われます。

用途に合わせて使用をされるのが良いかと思われます。

USB Type-C

USB Type-Cは、USB規格以外の信号を流すことができ、電源供給や映像出力も可能です。

オルタネートモードに対応したUSB Type-Cは、映像信号を流すことができます

すべての USB Type-Cで映像出力ができるわけではないので、確認が必要です。